スマホいじる

ツーショットダイヤル

テレクラのサービスも時代に即して進化しており、現在はツーショットダイヤルという亜種が生まれています。
テレクラはお店の個室で電話をするサービスですが、ツーショットダイヤルの場合は自分の携帯電話やスマホ、あるいは自宅の電話でテレクラと同じサービスを受けることができます。

携帯電話、それからスマホが普及したがゆえのサービスと言えるでしょう。
自分のケータイを使えるので気軽に利用することができ、顧客の増加にも一役買っていると言えます。
ツーショットダイヤルの利点は、なんと言っても場所を選ばないところです。テレクラの場合はわざわざ店に行く必要があり、知人にバレる危険性も微小ながらありましたが、ツーショットダイヤルではその心配もかなり軽減されます。
もちろん、テレクラと同様、テレフォンセックスだってできます。
欠点は、場所を探さないといけない点でしょうか。その点テレクラはお店に行けばいいので、探す手間がありません。

両手にスマホ

サクラについて

テレクラの厄介なところは、サクラが存在するということです。
この場合のサクラは、お金を使って雇われている女の子のことで、できるだけ通話を長引かせ、男性に多くのお金を払ってもらうことを目的にしています。
やはり、あまり嬉しくありません。偽物の……という言い方は少し違うかもしれませんが、ちゃんとした利用客の女の子とお話をしたいものです。

サクラかどうかを見分けるのは、正直に言ってしまうと、難しいでしょう。向こうもサクラだとはバレない努力をしているからです。
生年月日と干支を聞く、という方法が言われることもありますが、あまり意味はないでしょう。
強いて特徴を挙げるなら、場慣れしている点があります。男性が使うような、というよりはAVなどで踊っているような言葉を連発してきたら、サクラの可能性が高いでしょう。

できればサクラであるかどうかを見抜き、どうやらそうらしいと分かったらさっさと電話を切りたいところですが、逆に、サクラとの電話を楽しんでしまうという方向もあります。
サクラは電話を長引かせないと給料がもらえませんから、向こうから切ることは滅多にありません。テレフォンセックスにだってあっさり応じてくるでしょう。
性知識豊富なサクラとテレフォンセックスする方がむしろ刺激的だったりするかもしれません。そういった楽しみ方もアリ、という一例です。

寝ながらケータイ

女の子を気遣う

テレクラではあくまで、女の子のことを気遣ってあげるのが大切です。

話をきちんと聞いてあげるのはもちろんですが、テレクラを利用するということはそれなりの理由がある可能性もあります。
お話の中で気になるところがあったら、相談に乗ってあげるのもいいでしょう。
テレクラは何も、テレフォンセックスをするためだけの場所ではありません。
相談に乗ってあげて、相手の女の子にとっていい解決策が見つかったり、解決には至らないにしても話すことでスッキリしてもらえたら、それはこちらとしても気持ちのいいものです。
顔も知らない、その場限りの関係だからこそ話せるようなこともあります。
そうやって親身になってあげることにより、女の子の方もオープンになってくれるという場合もあるでしょう。とにかく、相手の立場になって会話してみるというのをやってみると、何かしらプラスの結果が生まれてくるはずです。

ケータイいじる女

注意点

テレクラを利用するに当たって最も注意しなければならないのは、これは風俗店ではないということです。
つまり、相手の女の子は従業員ではなく、こちらと同じ利用客なのです。
さらには、女の子は無料で利用していますし、ちょっと刺激が欲しい程度で利用していることが多いので、嫌だなと思ったらすぐに電話を切ってきます。つまり、自分だけがヒートアップするのではなく、相手にも楽しませる努力が必要となります。

一応確認として書いておきますが、風俗店だったら自分だけがヒートアップしていいわけではありません。風俗店の場合でも節度をもち、相手の女の子のことも気遣うことが大切です。

テレクラで電話を切られないために注意することは、まずはあまりガツガツしないことです。相手だってエロありきのサービスだと分かっているでしょうが、押しすぎると引いてしまいます。
また、自慢話や説教もNGです。まず間違いなく嫌われるでしょう。
相手の話もよく聞きながら、気持よく会話できるようにしましょう。そうすることで、女の子の方もテレフォンセックスに素直に応じてくれるようになります。